ホーム > 独り言 > ドル円の新規取引

ドル円の新規取引

いよいよ開始する時という局面ではまずは事前対策をサボってはいけません。

 

取引を始める前その物を客観的に見ることができる余裕があります。

 

ところが、ただ一度相場の中に足を踏み入れると、どう工夫しても見解が独りよがりになってしまいがちで時にはしっかりとした判断が分からなくなる危険があります。

 

それゆえに自分自身の考え方が冷静な状況で、きちっと準備する事が必要です。

 

この"j事前準備"のためには、とにかく自分のシナリオを考える事から始めます。

 

今後のあの通貨はこうなってああなるから、円を売る(あるいは買う)といった、自分の筋書きを書いていきます。

 

次に大切なのは為替チャートをチェックしよう。

 

相場の上下動をチェックして今現在の位置をチェックします。

 

そうすると、「今は割りに偏った水準だ」とか、もしくは「今となってはたくさんの投資家の方々が売買しているから、これから大急ぎで売り(または買い)してもすでにやりようがない」などと分かってきます。

 

もちろん今はもうエントリーするのが手遅れだなと思っていたら、それはきっぱりと諦めることが必要です。

 

どうしても自らのストーリー展開を妥協しないで、無理やり取引すると市場にやられてしまい、かえって為替差損を受けることになります。

 

ただ大体の場面で、準備が整った自分の物語を描いていれば売買がやりようがないという具合にはならないと思います。

 

おそらく、本格的にマーケットが上下動する前のはずです。

 

更に、差し当って自らが売買しようと考えている売買ポジションの上下動を、注意深くチェックすることが肝心。

 

円安になるだろうというシナリオを書いたのであれば、該当する通貨の上下動に注目しておくことだ。

 

為替相場の推移をチェックし始めたときでは、まだまだ該当の外貨は目立って推移する兆しを見せず上や下にちょっとした上げ下げを繰り返しているだけだろう。

 

しかしながら、その上げ下げをじっと見ているとある状況でドル高の方向へと外国為替相場が変化し始めます。

http://ryosakata.meblog.biz/

このタイミングで、ドル円の新規取引します。

 

これだけ慎重に準備をしておけばその売り買いで利益を上げる率は相当大きくなるはずです。

 


関連記事

  1. 自律神経の乱れからくる不調が辛いのでふくらはぎをマッサージしてみた件

    私はパニック障害や自律神経失調症を経験しているのですが、 最近もまた自律神経が乱...

  2. 在留資格「日本人の配偶者等」の取得マニュアル

    在留資格「日本人の配偶者等」というのは、日本人と結婚した外国人が日本で長期の結婚...

  3. 眠たい時には

    現実にノートパソコンの前に座ってつねに変化している為替相場を眺めていると、直ちに...

  4. アドバイスよりも

    どこにでもあるFX投資の情報では「マイナスになった場合はナンピン買いをすることに...

  5. ドル円の新規取引

    いよいよ開始する時という局面ではまずは事前対策をサボってはいけません。 &nbs...

  6. 任意整理してもらう場合

    破産申告を検討する人で抱えている債務に対してその保証人がいる場合には、前もって相...