ホーム > 独り言 > 眠たい時には

眠たい時には

現実にノートパソコンの前に座ってつねに変化している為替相場を眺めていると、直ちに取引をするという衝動に突き動かされる人も多いと思います。

だがしかし、不確かな衝動で売り買いをすることは、避ける必要があります。

 

ご覧の通り、外国為替市場は終日、常時どこかの外国為替相場はオープンしているし為替レートもどういう時でも変化しています。

 

とは言っても、何度も注文をするとそれだけでマイナスになる可能性が高くなります。

 

当たり前ですが、注文の回数を積む事で次第に勝利する確率が半々になっていくのは事実です。

 

しかしその事は「はっきりしないインスピレーションで売り買い」とは別の話です。

 

エントリー回数を積むという意味は、自分が「ここだ!」と思いついた自信を得た場合のエントリー回数を重ねるという意味です。

 

理由がなく、連続して売り買いを経験するのとは明確に異なります。

 

マーケットの駆け引きに勝利するためには自ら深く考えてけじめをつけることが不可欠です。

 

「ここがチャンス」とよく考えた市場の時には保持ポジションを積み増して、思い切り利益を狙います。

 

「頭をかかえる市場でどうなるか理解できないな」と感じたならば、思い切って所有ポジションをすべてクローズして何もしません。

 

このぐらいのメリハリがあったほうか売買は勝利します。

 

市場の金言には「休むも相場」という言葉があります。

 

まさに言葉どおりだと思います。

 

FXとはいつでも売買ポジションを保持する事が重要ではなくポジションを所有せず何もしないことも場合によっては外国為替相場です。

 

では、どういった時に休めばいいのでしょうか。

 

ひとつめは、先述した通り、直近の市場が見通しがきかない時です今からドル高になるのか、ドル安になるのかが判断できない時は、ヘタに動くと、自身の書いた筋書きとは逆の方向にマーケットが変化してしまい損する事になってしまいます。

だから、こういう場合はポジションを閉じ何もせずに様子をみるのが唯一出来る事です。

2番目に、体の調子が思わしくない時です。

体の具合とマーケットに影響ないと考える方もいますが実は大きくつながりがあります。

体の調子が変な時は、外国為替市場の大事な状況で必要不可欠な判断が出来ない場合が多くなります。

興味がわかない時は市場から離れてみるのも大切な事です。


関連記事

  1. 自律神経の乱れからくる不調が辛いのでふくらはぎをマッサージしてみた件

    私はパニック障害や自律神経失調症を経験しているのですが、 最近もまた自律神経が乱...

  2. 在留資格「日本人の配偶者等」の取得マニュアル

    在留資格「日本人の配偶者等」というのは、日本人と結婚した外国人が日本で長期の結婚...

  3. 眠たい時には

    現実にノートパソコンの前に座ってつねに変化している為替相場を眺めていると、直ちに...

  4. アドバイスよりも

    どこにでもあるFX投資の情報では「マイナスになった場合はナンピン買いをすることに...

  5. ドル円の新規取引

    いよいよ開始する時という局面ではまずは事前対策をサボってはいけません。 &nbs...

  6. 任意整理してもらう場合

    破産申告を検討する人で抱えている債務に対してその保証人がいる場合には、前もって相...