ホーム > 独り言 > アドバイスよりも

アドバイスよりも

どこにでもあるFX投資の情報では「マイナスになった場合はナンピン買いをすることによって平均のコストを下げることができる」とアドバイスしていますが、実際にはそれは相当の隠れたリスクが隠れています。

http://blog.livedoor.jp/bae7g98e677/

まず最初に、ナンピンの原理について分かりやすく説明しておこう。

 

ひとつの例として1ドル=100円でドルを買ったとします。

 

$(ドル)買いですので、ドル高に進むほど黒字が出るわけだが反対に95円まで円高が進んでしまった。

 

そのままの場合ポジションを維持し続けたら利益がでるためには、損失分円安が進まなければならない。

 

みんな、赤字は可能な限り早く戻したいと考えます。

 

それを解決するため最初に買ったのと同じ分の$(ドル)を、売買します。

 

そうすると、全体の買い付け単価は97円50銭まで下げることができます要するに、半分の幅で円安に推移すればマイナスを失くせます。

 

それが、ナンピンの手法です。

 

このように、ナンピン買いの仕組みをみると、「もっともだ」という考えになるが、相場はそう簡単には思った通りにはなりません。

 

最初から、95円以下にならないとは誰一人として分かりません。

 

仮定として、為替相場がかなり強い円高動向だったら、95円では下げ止まることなくより一層円高になる危険性があります。

 

たとえば、1ドル=97.50円でナンピン買いをした時に95円まで円高ドル安が進んだら、ナンピンした分にも、マイナスが生まれることになってしまいます。

 

その状態では、一番初めに買ったドルと合わさって、2倍のマイナスを被ります。

 

このように、ナンピンは難解です。

 

ならば、市場が己の物語とは逆にさっと向う場合どういった方法で危険性を管理すればいいのでしょうか。

 

こういう状態で取れる術は2つあります。

 

最初のひとつはあきらめて、ポジションを閉じる事です。

 

別の方法としては今現在、所有しているポジションを少なくする事によって改めて為替相場が元のようになるのを大人しく待機する事だけです。

 

ちょっと大人しい手法だと思う人もいるkもしれません。

 

しかしながら、所有している買いポジションに差損が出た場合、一番効果のある手法はこれ以上のものは考えられません。

 

無論、理屈の上ではナンピン買いするという方法も効果的です。

だがしかしナンピン買いは、自分がマイナスになっているにもかかわらずポジションを整理するどころかポジションを増やしていく手段です。

 

この方法では、リスクを回避することなど、どう頑張っても無謀だと思うべきです。

 

ナンピンをし続ければ最終的にはマイナスがプラスになるかもしれません。

 

でも、それより前に投資資金がショートしてしまいます。

 


関連記事

  1. 自律神経の乱れからくる不調が辛いのでふくらはぎをマッサージしてみた件

    私はパニック障害や自律神経失調症を経験しているのですが、 最近もまた自律神経が乱...

  2. 在留資格「日本人の配偶者等」の取得マニュアル

    在留資格「日本人の配偶者等」というのは、日本人と結婚した外国人が日本で長期の結婚...

  3. 眠たい時には

    現実にノートパソコンの前に座ってつねに変化している為替相場を眺めていると、直ちに...

  4. アドバイスよりも

    どこにでもあるFX投資の情報では「マイナスになった場合はナンピン買いをすることに...

  5. ドル円の新規取引

    いよいよ開始する時という局面ではまずは事前対策をサボってはいけません。 &nbs...

  6. 任意整理してもらう場合

    破産申告を検討する人で抱えている債務に対してその保証人がいる場合には、前もって相...