ホーム > ビジネス > 多重債務の問題

多重債務の問題

民事再生という選択は住宅のためのローンがある多重債務の問題に陥っている人々をターゲットとしてマイホームを維持したまま経済的に再生するための法的な機関による債務圧縮の手段としてはじまった解決方法です。

 

民事再生制度には、自己破産制度とは違い免責不許可事由はないので、賭博などで借りた場合においても申請はできますし破産申告をしてしまうと業務の停止になる業種で給与を得ている場合等でも民事再生手続きは検討できます。

http://blog.livedoor.jp/myokomiyoko/

破産申告では、住宅を残すことは不可能ですし、任意整理や特定調停などでも圧縮した元金を完済していく必要がありますので、住宅のためのローンも払いつつ支払うのは多くの人にとっては困難だと考えられます。

 

とはいえ、民事再生による手続きを採用することができればマンション等のローン以外の借金については相当な場合において削減することができますので余裕をもってマンション等のローンを返済しながら他の借入金を支払っていくこともできるということなのです。

 

しかしながら、民事再生という手段は任意整理による処理特定調停といった手続きとは異なり一部の債務を除いて処理を行うことは許されていませんし、破産のように債務それそのもの消えるということでもありません。

 

それから、これとは別の整理方法と比較するとある程度煩雑で時間が必要ですので、住宅ローンを持っていてマイホームを手放したくない時などを除いて、破産申告などその他の解決策がない時の方法とみなした方がいいでしょう。

 


関連記事

  1. 女優に近づくワンステップ

    鼻の下の毛は、放っておくと長めの毛が生えてきて、黒くくすんで見えます。抜くと青髭...

  2. 多重債務の問題

    民事再生という選択は住宅のためのローンがある多重債務の問題に陥っている人々をター...